ODAWARA ART FOUNDATION

『春日神霊の旅 ―杉本博司 常陸から大和へ』 展示

会期:2022年1月29日(土)~3月21日(月・祝)
会場:神奈川県立金沢文庫

お知らせ

イントロダクション

このたび公益財団法人小田原文化財団は、神奈川県立金沢文庫と共催し、春日信仰を紹介する特別展「春日神霊の旅 ―杉本博司 常陸から大和へ」を、金沢文庫を会場として開催いたします。現代美術作家・杉本博司によって設立された小田原文化財団は2017年に江之浦測候所を開館し、杉本博司が蒐集してきた春日信仰を中心とする神道美術も多数所蔵しております。また、2022年3月には、奈良・春日大社より神霊の勧請を受け、江之浦測候所のある柑橘山に春日社が建立される予定です。本展覧会では、春日大社やゆかりの社寺の宝物に加え、称名寺・金沢文庫、小田原文化財団の史料や作品も紹介することにより、実は東国所縁でもある春日大社への信仰を広くご紹介いたします。

主要展示作品などの詳細は、神奈川県立金沢文庫ホームページをご参照ください。

概要

『春日神霊の旅 ―杉本博司 常陸から大和へ』

会期:2022年1月29日(土)~3月21日(月・祝)
休館日:毎週月曜日(ただし3月21日は祝日のため開館)、2月24日(木)
開館時間:9:00~16:30(入館は閉館30分前まで)
観覧料:800円
会場:神奈川県立金沢文庫
主催:神奈川県立金沢文庫
   公益財団法人小田原文化財団
   春日大社
   日本経済新聞社
特別協力:鹿島神宮
     法相宗大本山興福寺
後援:小田原市

    
    令和3年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業