ODAWARA ART FOUNDATION

大友良英 新作初演「MUSICS あるいは複数の音楽たち その1」 公演 終了

開催日時:2022年11月5日(土)13:30~16:30
会場:小田原文化財団 江之浦測候所

お知らせ

イントロダクション

音楽家・大友良英は、様々なジャンルのミュージシャンやアーティストとともに「即興」をキーに観客を取り巻きながら「音楽」を創っていきます。
多数の人によって成り立つ“アンサンブルズ”の「新作」を、江之浦測候所の地から共鳴させていきます。

概要

タイトル: 大友良英 新作初演「MUSICS あるいは複数の音楽たち その1」
開催日時: 2022年11月5日(土)13:30~16:30
会場: 小田原文化財団 江之浦測候所
チケット: 6,600円(江之浦測候所入館料含む)
主催:公益財団法人小田原文化財団

出演アーティスト(予定): 大友良英(objects)、石川高(笙)、石原雄治(perc)、今込治(tb)、江川良子(sax)、小暮香帆(dance)、加藤綾子(violin)、本藤美咲(sax)

チケット発売日: 10月14日(金)10:00より発売予定 ※先着申込制
申込み方法: 小田原文化財団公式ホームページ見学予約ページより購入



大友良英/Otomo Yoshihide 
音楽家

1959生まれ。映画やテレビの音楽を山のように作りつつ、ノイズや即興の現場がホームの音楽家。ギタリスト、ターンテーブル奏者。活動は日本のみならず欧米、アジアと多方面にわたる。美術と音楽の中間領域のような展示作品や一般参加のプロジェクトやプロデュースワークも多数。震災後は故郷の福島でプロジェクトFUKUSHIMA!を立ち上げ、現在に至るまで様々な活動を継続中。2013年「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞を受賞。2014年よりアンサンブルズ・アジアのディレクターとしてアジア各国の音楽家のネットワークづくりに奔走。2017年札幌国際芸術祭の芸術監督。2019年NHK大河ドラマ「いだてん」の音楽を担当。また福島を代表する夏祭り「わらじまつり」改革のディレクターも務めた。



石川高/Ko Ishikawa (笙)
1990年より笙の演奏活動をはじめ、国内外の音楽祭に出演。雅楽団体「伶楽舎」に所属。笙の独奏者としても、即興演奏など様々な領域で活動を展開する。2022年8月には、イタリアのマテーラで行われたファディエシス国際アコーディオンフェスティバル に参加した。



石原雄治/Yuji Ishihara (percussion)
1986年生まれ。ドラマー、即興音楽家。2006年より不定形即興集団feat.ツタンtheカーメンズを主催し演奏活動をはじめる。 近年では主にドラムセットを使い、さまざまなバンドやミュージッシャンとの共演を果たす傍ら、自身の作品を発表している。



今込治/Osamu Imagome (trombone)
2004年東京芸術大学、2011年ロストック音楽演劇大学卒業。横浜シンフォニエッタ、トロンボーンクァルテット・クラール、大友良英スペシャルビッグバンド、大友良英ニュー・ジャズ・クインテット、山下洋輔ビッグバンド、等メンバー。上野学園大学非常勤講師。



江川良子/Ryoko Egawa (sax)
東京藝術大学卒業、同大学院修了。ソロやオーケストラでの活動の他、国内外のコンサートや音楽祭への出演、レコーディングに参加。また、ピアノやハープ、箏やアコーディオンなど様々な楽器とのデュオリサイタルを企画・プロデュース。洗足学園音楽大学講師。



加藤綾子/Ayako Kato (violin)
ヴァイオリニスト。古典的レパートリーから新作、邦人作品、即興演奏などの実演・講座を行う。即興専門WEBメディア・団体「インプロ・りぶる」主宰。2021年にベルギーの音楽院「IMEP」修士課程修了。現在は関東圏および長野県茅野市を拠点に活動。



小暮香帆/Kaho Kogure (dance)
ダンサー・振付家。国内外で劇場、ライブ、メディアなど様々な領域で活動。近年はミュージシャンはじめ他ジャンルのアーティストとのコラボレーション、映画/映像作品への振付出演、パリコレ出演など活動の幅を広げている。第6回エルスール財団新人賞受賞。



本藤美咲/Misaki Motofuji (sax)
1992生まれ。音楽家。主にバリトンサックスを演奏。即興演奏と作編曲を基盤とし、多様なアーティストと共演・共同制作をしている。2018年 主宰バンド『galajapolymo』を結成。2022年より『バストリオ』の上演作品に参加。専門誌「Sax World」での連載も担当。



芳垣安洋/Yasuhiro Yoshigaki (percussion)
1959年生まれ。大学在学中から演奏活動を始める。大友良英の音楽制作には長らく関わり、「あまちゃん」や「いだてん」のテーマ曲や劇中曲の演奏を担当。1990年代から欧米の音楽フェスティバルに出演。打楽器専門誌「リズム&ドラムマガジン」にコラム連載中。