ODAWARA ART FOUNDATION

2018年10月09日

【杉本博司より】 江之浦測候所 拡張計画完成のお知らせ 江之浦測候所

開館1周年を迎えた小田原文化財団江之浦測候所は、10月1日より拡張オープンいたしました。新たな敷地には、5億年前の太古の海底を再現した化石類が展示された化石窟(かせっくつ)、日本の古代信仰の形が再現された磐座(いわくら)、数学の3次関数を形にした数理模型などが公開されています。また敷地内は散策の小道としても整備され、鬱蒼とした孟宗竹(もうそうちく)の竹林、昼なほ暗い榊の森、多様な柑橘類を巡るみかん道、楠の大木根元下の祠、など見所満載です。すでに江之浦測候所を訪れた方々にも、この場の新たな魅力を見つけていただけると思います。老若男女お誘い併せの上ぜひご来場下さい。

杉本博司