ODAWARA ART FOUNDATION

2018年03月10日

【速報】パリ・オペラ座にて「At the Hawk’s Well/鷹の井戸」上演 決定 事業

このほど、パリ国立オペラの2019/2020 年シーズンプログラムが発表され、オープニング作品として杉本博司演出による「At the Hawk’s Well/鷹の井戸」(ウィリアム・バトラー・イェイツ原作)の上演が決定しました。アイルランドの詩人・劇作家ウィリアム・バトラー・イェイツが能楽に影響を受けて執筆した戯曲「At the Hawk’s Well/鷹の井戸」を原作に、音楽・空間演出に池田亮司、振付にアレッシオ・シルベストリンを迎え、パリ・オペラ座のバレエダンサーとの初のコラボレーションに挑みます。

公演タイトル:「At the Hawk’s Well」
会場: Opéra National de Paris, Palais Garnier (フランス、パリ・オペラ座ガルニエ宮)
公演期間: 2019 年9 月20 日~10 月17 日

演出: 杉本博司
音楽/音響制作: 池田亮司
振付: アレッシオ・シルベストリン
原作: ウィリアム・バトラー・イェイツ
空間演出: 杉本博司・池田亮司
衣裳: リック・オウエンス

なお、「At the Hawk’s Well」はウィリアム・フォーサイスの「Blake Works I」(再演)との2 本立てで上演されます。公演に関する詳しい情報は決定次第お知らせいたします。

あわせてパリ国立オペラ公式HP もご参照ください。